home English page

Embedded Technology 2010

カンファレンスプログラム

K 基調講演 I 招待講演 S 特別講演 P パネル
セッション
TS テクニカル
セッション
AT アドバンストテクニカルセッション
DVT 設計・検証
ツールトラック
D DSPトラック FP FPGAトラック AD アナログデザイン
トラック
C スペシャル
セッション
SE スマートエネルギー特別セミナー
  併催セミナー: JASA技術本部セミナー  ETECセミナー  JASAグローバルフォーラム  IPA/SECセミナー  STARCセミナー
RO ETロボコン モデリングワークショップ

FP FPGAトラック

カンファレンス事前登録は終了いたしました。空席があるセッションは当日登録が可能です。
受講ご希望の方は直接会場受付へお越しいただき、当日登録をお願いいたします。

無料/事前登録制

FP-1
12月2日 (木)  10:00~10:45    アネックスホール[F202]
今からでも遅くない!FPGA初心者入門講座
カンファレンス事前登録は終了いたしました。空席があるセッションは当日登録が可能です。
受講ご希望の方は直接会場受付へお越しいただき、当日登録をお願いいたします。
【講演概要】
「ASICやASSPよりFPGA」という声を最近耳にするが、まだ使ったことのないというエンジニアへ基礎から解説。実際FPGAってどうなの?実際FPGAを使った設計って難しくないの?という質問に解答する。そもそもFPGAとは何なのかをFPGAをこれから始める初心者へ分かりやすく解説。従来プロトタイプで使用されてきたFPGAが量産で使用されるようになるまでに進化したその機能概要と活用事例を紹介する。
菅沼 庸吉 氏
株式会社PALTEK プロダクト マーケティング エンジニアリング 課長
【プロフィール】
1993年(株)PALTEKに入社。FPGAの営業を10年経験し、その後マーケティング部門に配属。入社以来17年にわたって、FPGAおよび関連製品の営業・マーケティングに従事。


FP-2
12月2日 (木)  11:00~11:45    アネックスホール[F202]
28nmで挑むイノベーション
カンファレンス事前登録は終了いたしました。空席があるセッションは当日登録が可能です。
受講ご希望の方は直接会場受付へお越しいただき、当日登録をお願いいたします。
【講演概要】
市場要求の変化とそのスピードがますます速くなるにつれ、FPGAベンダであるザイリンクスへの要求も変わりつつある。新しいアプリケーションの出現、これまで以上の性能要求、さらなる開発工数の削減と市場への短期製品投入の必要性などの背景から、市場はザイリンクスに対して真のプログラマブル ソリューションを求めている。本セッションではそのような市場要求に応えるための、28nmプロセスを採用したザイリンクスの最新製品と開発ツールの紹介を行う。
橘 幸彦 氏
ザイリンクス株式会社 マーケティング本部 マーケティング マネージャー
【プロフィール】
国立仙台電波工業高等専門学校 情報通信工学科 卒業後、米アリゾナ州立大学 工学部で修学。卒業後、日系家電メーカー、仏系自動車部品メーカーで設計・開発エンジニアとして従事。米系半導体メーカーにてプロセッサのマーケティングを経験した後、ザイリンクス株式会社へマーケティング マネージャーとして入社。


FP-3
12月2日 (木)  12:00~12:45    アネックスホール[F202]
技術者たちは気づき始めた、現在のFPGA設計手法に潜む罠
カンファレンス事前登録は終了いたしました。空席があるセッションは当日登録が可能です。
受講ご希望の方は直接会場受付へお越しいただき、当日登録をお願いいたします。
【講演概要】
FPGA設計を行っている現場の技術者ならば、現在のFPGAとその設計手法の間にあるギャップに気がつき、悩んでいるのではないだろうか。Verilog HDLやVHDLによる開発では要求される仕様を実現するのが難しい。しかしC言語からの合成は高価かつ限られた局面でしか使えない。そのような設計手法が持つ罠やジレンマを明らかにし、解決策を提示することにより、未来のデバイスや要求にも応えられる設計手法を明らかにしていく。
井倉 将実 氏
オーバートーン株式会社 開発部 部長 


FP-4
12月2日 (木)  13:00~13:45    アネックスホール[F202]
FPGAデザインが、たまに動かなくなることはありませんか?
カンファレンス事前登録は終了いたしました。空席があるセッションは当日登録が可能です。
受講ご希望の方は直接会場受付へお越しいただき、当日登録をお願いいたします。
【講演概要】
FPGAは実に多くの組込みシステムで使用されており、かつて無いほどに規模、速度、複雑度が増している。そのFPGAが「たまに」誤動作することがある。それは実験室でのソフトウェア統合時、あるいは出荷後に特定条件下で、あるいは無条件に数カ月に一回、、、このような問題の原因に関する知識が無ければ解決できないし、また知識があっても実機での再現はまず不可能である。ここではその原因や対策についてご紹介する。
三橋 明城男 氏
メンター・グラフィックス・ジャパン株式会社 マーケティング部 ディレクター
【プロフィール】
1989年 メンター・グラフィックス・ジャパン株式会社入社。カスタマ・サポート、 シリコンベンダ・サポート・マネージャー、AEマネージャー、機能検証やESL - Electronic System Level を始めとするソリューションのフィールド・マーケティング・マネージャーを経て、現在はマーケティング部ディレクターを務める。


FP-5
12月2日 (木)  14:00~14:45    アネックスホール[F202]
ムーアの法則を超えてゆけ! アルテラの28nm FPGAイノベーション
~ 最先端 FPGA でおさえる 注目の技術キーワードと プログラマブル・デバイス の近未来 ~
カンファレンス事前登録は終了いたしました。空席があるセッションは当日登録が可能です。
受講ご希望の方は直接会場受付へお越しいただき、当日登録をお願いいたします。
【講演概要】
アルテラは、今後市場でさらに増大するバンド幅の要求に応え、プログラマブル技術を進化させる各種イノベーションを 28nm FPGA に搭載しており、これらの技術は、ムーアの法則を超える優位性をもたらすものである。
本セッションではアルテラの次世代 28nm FPGAである Stratix® V を通して、最先端プロセスの優位性や超高速SERDES、内蔵ASICブロック、部分再構成などの画期的な技術革新とその背景をわかりやすく解説する。
橋詰 英治 氏
日本アルテラ株式会社 マーケティング部 プロダクト・マーケティング・マネージャ
【プロフィール】
外資系ASICベンダーにて、エンジニアとしてASIC設計サポートに従事。その後、2003年、日本アルテラ株式会社に入社。プロダクト・マーケティング・マネージャーとしてハイエンドFPGA およびASIC製品のマーケティングを担当。


FP-6
12月2日 (木)  15:00~15:45    アネックスホール[F202]
ここまで進化した量産向けFPGA‐アルテラの低コスト&ミッドレンジFPGA
カンファレンス事前登録は終了いたしました。空席があるセッションは当日登録が可能です。
受講ご希望の方は直接会場受付へお越しいただき、当日登録をお願いいたします。
【講演概要】
FPGAのプログラマビリティと柔軟性の認知が高まり、通信、民生、医療など様々な分野での活躍が増える中、価格、使いやすさ、そして消費電力などの観点で、FPGAの量産採用を躊躇する人も少なくない。このセッションは機能/性能、消費電力、コスト、そして設計生産性の全てにおいて量産に適する低コストFPGA Cyclone IVとミッドレンジFPGA Arria IIの最新情報と特長を紹介し、FPGAの量産採用における数々の疑問を解消する。
銭 巍 (せん ぎ)氏
日本アルテラ株式会社 マーケティング部 プロダクト・マーケティング・エンジニア
【プロフィール】
ハードウェア・エンジニアとして国内大手カメラ・メーカにて電気回路設計を担当後、国内ベンダにてFPGAによるロジック回路設計や3Dグラフィックスのハードウェア設計に従事。その後、日本アルテラ株式会社に入社。プロダクト・マーケティング・エンジニアとして低コスト、ミッドレンジFPGA および CPLD製品のマーケティングを担当。


FP-7
12月2日 (木)  16:00~16:45    アネックスホール[F202]
FPGA による組込み機器を徹底解剖 ~インダストリアルアプリケーション編
カンファレンス事前登録は終了いたしました。空席があるセッションは当日登録が可能です。
受講ご希望の方は直接会場受付へお越しいただき、当日登録をお願いいたします。
【講演概要】
インダストリアル市場において FPGA が活躍できる場は非常に多く、その理由はアプリケーション毎に異なる。本セッションでは、ネットワーク・カメラ、産業用イーサネット、モーターコントロール、機能安全設計を支援する FPGA による組込み機器を徹底解剖すると共に、TCO(Total Cost of Ownership:設計資産保有の総コスト)を低減させる FPGA の優位性について説明する。
川瀬 茂人 氏
日本アルテラ株式会社 マーケット・デベロップメント・マネジャー
【プロフィール】
国内大手半導体商社のプロダクト・マーケティング、リジッド / フレキ基板および半導体パッケージングに関する国内技術コンサルタント会社を経て、日本アルテラ(株)に入社。産業系アプリケーションに対する FPGA / CPLD 製品のマーケティングを担当。


FP-8
12月3日 (金)  10:00~10:45    アネックスホール[F202]
FPGA 設計の生産性を向上させる Quartus II の機能
~ あなたはその使い方で満足していませんか? ~
カンファレンス事前登録は終了いたしました。空席があるセッションは当日登録が可能です。
受講ご希望の方は直接会場受付へお越しいただき、当日登録をお願いいたします。
【講演概要】
アルテラの開発ソフトウェア「Quartus® II」を使用したことのある設計者に向けて、今あえて問いかける。「あなたはその使い方で満足していませんか?」
知っているようで知らない Quartus II の便利な機能を、生産性を向上したいユーザのために紹介する。
小川 裕子 氏
株式会社アルティマ 技術統括部 技術支援部 

【プロフィール】
株式会社アルティマ入社後、アルテラ社製品のエンジニアとして従事。主に、アルテラ 開発ツールのスペシャリストとして、トレーニング講師やアルテラ製品に特化した技術資料作成などを通して、初心者をはじめ、中、上級者に至るまで顧客の技術面を広くサポートしている。


FP-9
12月3日 (金)  11:00~11:45    アネックスホール[F202]
アルテラ FPGA の組込み開発最前線
カンファレンス事前登録は終了いたしました。空席があるセッションは当日登録が可能です。
受講ご希望の方は直接会場受付へお越しいただき、当日登録をお願いいたします。
【講演概要】
組込み市場におけるプロセッサシステムに FPGA の採用は年々増え続けている。また、プロセッサシステムのシステム性能向上を図るために必要とされる FPGA の役割は次第に変化している。本セッションでは、日本の組込み市場で FPGA に課された役割とそれを実現するためのアルテラ社によるさまざまなプロセッサ・アーキテクチャに対応した組込みソリューションの最前線について紹介する。
小山 崇之 氏
日本アルテラ株式会社 マーケティング部
エンベデッド・ソリューション担当マネージャー
【プロフィール】
日本企業で、メモリ周辺機器、開発ツール等のハードウェア開発に従事し、海外RTOSベンダで開発ツール、開発メソドロジのFAEを経験。その後、2006年、日本アルテラ株式会社に入社。プロダクト・マーケティングで組込みソリューションを担当。


FP-10
12月3日 (金)  13:00~13:45    アネックスホール[F202]
SoC開発のためのFPGAプロトタイプ設計手法
カンファレンス事前登録は終了いたしました。空席があるセッションは当日登録が可能です。
受講ご希望の方は直接会場受付へお越しいただき、当日登録をお願いいたします。
【講演概要】
SoC開発コストの増大と共に、FPGAプロトタイプの重要性がますます高まっている。一方、デザインの大規模化、高速化によりプロトタイプの開発自体も難しくなっているため、SoC設計で有効活用するためには、プロトタイプ開発から運用に渡って適切な手法を採用することが重要となる。本セッションでは、FPGA設計から活用までのベスト・プラクティスを基にしたプロトタイプ開発のガイダンスをご紹介する。
古俣 孝 氏
日本シノプシス合同会社 技術本部 プロダクト・スペシャリスト・グループ
シニア・アプリケーション・コンサルタント
【プロフィール】
2000年 シンプリシティに入社。
FPGA合成ツールなどの技術サポートや販売促進業務に従事。 シノプシスによるシンプリシティ買収後は、日本シノプシスにて、旧シンプリシティのプロトタイピング用ハードウェア/ソフトウェア製品であるConfirmaを中心とした設計ソリューションを担当。


FP-11
12月3日 (金)  14:00~14:45    アネックスホール[F202]
デジタル信号処理開発における DSPとFPGAの役割と協調設計
カンファレンス事前登録は終了いたしました。空席があるセッションは当日登録が可能です。
受講ご希望の方は直接会場受付へお越しいただき、当日登録をお願いいたします。
【講演概要】
最新の高速デジタル信号処理設計におけるトレンドの解説及び、システム設計に携わる方を対象として、無線通信や車載アプリケーション等の事例を挙げながら機能と設計フローを解説する。また、DSP-FPGA協調設計プラットフォームに関する設計のノウハウを解説する。
東崎 周平 氏
株式会社PALTEK エンジニアリング ディビジョン DSPスペシャリストFAE
【プロフィール】
2004年、(株)PALTEKに入社。テクニカルスペシャリストとして主にFPGAにおけるデジタル信号処理関連技術を担当。今までにはワイヤレスシステムにおけるデジタルフロントエンド、ベースバンド処理におけるシステムコンサルティングを行う。最近ではTI DSPとザイリンクスFPGAを組み合わせた新しいソリューションを展開。


FP-12
12月3日 (金)  15:00~15:45    アネックスホール[F202]
FPGAによるGigEVisionの実現
~ GigEVision IPコアソリューションとアプリケーション事例 ~
カンファレンス事前登録は終了いたしました。空席があるセッションは当日登録が可能です。
受講ご希望の方は直接会場受付へお越しいただき、当日登録をお願いいたします。
【講演概要】
Gigabit Ethernetを使用した高速な画像伝送方式であるGigEVisionは時間の経過と共にその認知度は高まり、多くの製品が市場に出され、様々なアプリケーションで実際に使われ始めている。Sensor To Image社では、マシンビジョン向けだけではなく、医療分野、監視・セキュリティ分野など幅広い分野へ、FPGAを活用したGigEVision製品の開発・設計を短期間かつ安価に実現するIPコアとソフトウェアを提供している。
杉森 健司 氏
株式会社シムコ 画像システム部 テクニカル担当
【プロフィール】
2010年シムコに入社。画像処理システムインテグレータとして、マシンビジョン関連システム及び機器のサポートエンジニアリング、ソフトウェア開発業務を担当。
FPGA用GigEVision IPコア提供に関するカスタマーサポートエンジニアを担当。


FP-13
12月3日 (金)  16:00~16:45    アネックスホール[F202]
IPコアを使ったSATA ストレージ・システムのFPGA 実装
カンファレンス事前登録は終了いたしました。空席があるセッションは当日登録が可能です。
受講ご希望の方は直接会場受付へお越しいただき、当日登録をお願いいたします。
【講演概要】
SSD/HDD等のSATAデバイスは近年、大容量化・高速化・低価格化が著しく進み、設計自由度の高いFPGAに組み込むことで付加価値の高いストレージ応用商品開発が可能となった。ストレージ商品の市場投入タイミングを加速する有効なツールとなる、実機動作検証済みのIPコアを使うメリットについて紹介する。
石川 康彦 氏
株式会社デザイン・ゲートウェイ マネージャー
【プロフィール】
2001年の株式会社デザイン・ゲートウェイ設立当時から同社の技術マネージメントに従事。FPGAをメインとしたシステムソリューション提案・プロジェクト管理や、社内オリジナルIPコアの開発マーケティングを担当。



K 基調講演 I 招待講演 S 特別講演 P パネル
セッション
TS テクニカル
セッション
AT アドバンストテクニカルセッション
DVT 設計・検証
ツールトラック
D DSPトラック FP FPGAトラック AD アナログデザイン
トラック
C スペシャル
セッション
SE スマートエネルギー特別セミナー
  併催セミナー: JASA技術本部セミナー  ETECセミナー  JASAグローバルフォーラム  IPA/SECセミナー  STARCセミナー
RO ETロボコン モデリングワークショップ